MRイメージングにおける圧縮センシングとその周辺技術  [in Japanese] Compressed Sensing and Related Techniques in Magnetic Resonance Imaging  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

磁気共鳴イメージング(MRI)装置は圧縮センシングを適用しやすいシステムである.その理由としては,MRイメージング技術の撮像の自由度がきわめて高いこと,そして多彩な情報が高次元データとして取得可能であることが挙げられる.撮像時間の短縮が重要なMRIにとってはきわめて魅力的な技術となっている.当初MRI撮像の高速化は,パルスシーケンスという言葉に代表されるMRI固有の技術を中心として発展したが,近年,情報技術を取り入れた画像生成手法の重要性が高まっている.本稿では本特集の主要テーマである圧縮センシングMRIのほかに,MRフィンガープリンティングとよばれる新手法等も紹介し,現在も発展を続けるMR高速撮像の技術動向の一端について述べたい.

The purpose of this article is to review the recent development of compressed sensing magnetic resonance imaging (CS-MRI) and related techniques. After the brief review of basics of MR imaging, characteristics of new technologies such as CS-MRI, MR fingerprinting are discussed.

Journal

  • Medical Imaging Technology

    Medical Imaging Technology 34(4), 198-202, 2016

    The Japanese Society of Medical Imaging Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005265963
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0288-450X
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top