公平中立な蔵書:公立図書館における「集団的自衛権」を主題とする本の所蔵 The Impartiality of Public Library Collection in Japan: A Sample Selection of Books about the Right to Collective Defense

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>公立図書館における中立・公平な所蔵について検討した。2014 年から2015 年にかけて日本国内で論議された「集団的自衛権」を主題とする91 点の書籍の所蔵について調べた。書籍を賛否に従ってグループ分けしたところ,需要においては賛成本が勝っていたが,否定本のほうが4倍弱多く所蔵されていた。一点当たりの所蔵数においては否定本が1.2 倍程度有利に所蔵されていた。所蔵に影響する他の要因も含めて重回帰分析をしたところ,出版社の信用(特に岩波書店刊行書籍),需要,書籍の質などの要因とともに,否定本であることも有意な要因であった。続いて,賛否の所蔵数の比を基準に図書館設置自治体をグループ化し,所蔵規模別に検討した。結果,所蔵規模が大きくなるほど中立的となり,小さくなれば賛否どちらかに偏ること,特に否定本に偏るケースが多いことが明らかになった。否定本のみ所蔵する自治体は全体の1/4 強存在した。</p>

<p>The purpose of this paper is to examine the degree that controversial books are fairly held by public libraries in Japan. The samples of this study are 91 books on the subject of "the right to collective defense", that had caused controversy in 2014-15. We investigated the numbers of collection of each sample in 5,003 libraries. As a result, we found the number of the collection of titles against the right is almost same to those in support. However, the former numbers held slightly more than the latter. According to multiple regression analysis, the result is influenced by publisherʼs reputation, demand in the book market, book reviews, and disapproval of the right. A quarter of the libraries have only books against the right, though such libraries are often small in scale. The larger the collection of a library is, the more neutral it tends to be.</p>

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌

    日本図書館情報学会誌 62(2), 83-100, 2016

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005279029
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-8668
  • NDL 記事登録ID
    027442299
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ