咬合支持の喪失と回復が空間記憶や高次脳機能に及ぼす影響  [in Japanese] The effects by loss and recovery of occlusal support on spatial cognitive performance and higher brain function  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 飯田 祥与 Iida Sachiyo
    • 岡山大学病院咬合・義歯補綴科 Department of Occlusion and Removable Prosthodontics, Okayama University Hospital

Abstract

<p> 口腔内衛生状態・咬合関係などの咀嚼機能が認知症の状態に関連することが臨床研究として報告されており,現在に至るまで咀嚼機能と高次脳機能との関連性について多岐にわたる研究が進められている.</p><p> 咬合支持の喪失と回復が高次脳機能に与える影響について,現在までに発表されている研究に加えて,我々が行った迷路課題によって海馬に発現する遺伝子をDNA microarrayを用いて網羅的に解析して記憶関連遺伝子を選択し,迷路課題実施によるこの遺伝子発現に対して歯の欠損や咬合支持の回復が及ぼす影響について,定量的に検討を行った研究を紹介する.</p>

Journal

  • Annals of Japan Prosthodontic Society

    Annals of Japan Prosthodontic Society 8(4), 369-373, 2016

    Japan Prosthodontic Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005279573
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12374568
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1883-4426
  • NDL Article ID
    027726950
  • NDL Call No.
    Z74-G218
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top