咬合・咀嚼と認知機能  [in Japanese] The Effects of cognitive function by occlusion and mastication  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 大野 晃教 Ohno Akinori
    • 神奈川歯科大学大学院歯学研究科口腔機能修復学講座咀嚼機能制御補綴学分野 Division of Prosthodontics & Oral Rehabilitation, Department of Oral Function and Restoration, Graduate School of Dentistry, Kanagawa Dental University
    • 木本 克彦 Kimoto Katsuhiko
    • 神奈川歯科大学大学院歯学研究科口腔機能修復学講座咀嚼機能制御補綴学分野 Division of Prosthodontics & Oral Rehabilitation, Department of Oral Function and Restoration, Graduate School of Dentistry, Kanagawa Dental University

Abstract

<p> 日本の高齢者人口が増加するにつれて,認知症患者は増加の一途を辿っている.認知症は記憶障害などの中核症状を呈する疾患で,患者本人のみならず患者家族の日常生活に多大な影響を与えるため,予防対策が必要とされている.近年,疫学調査や咀嚼不全モデルを用いた動物実験により咀嚼機能と脳機能,特に認知機能の関連性が注目されている.このようなことから本稿では,咀嚼と認知機能の関連性を調べるために我々がこれまでに行ってきた,脳内の神経伝達物質と活性酸素種の変化を調べた基礎研究とfMRIを用い補綴装置を装着したときの脳の賦活を観察した臨床研究を紹介する.</p>

Journal

  • Annals of Japan Prosthodontic Society

    Annals of Japan Prosthodontic Society 8(4), 364-368, 2016

    Japan Prosthodontic Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005279574
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12374568
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1883-4426
  • NDL Article ID
    027726944
  • NDL Call No.
    Z74-G218
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top