鼻科領域(経鼻内視鏡)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鼻科領域の手術は2000年代以降,経鼻内視鏡手術が一般的となった。経鼻内視鏡下での画像撮影は,鼻腔という半閉鎖空間の中で行われる。そのため,レンズが汚れやすい点,焦点距離がダイナミックに変化するため,フォーカスをこまめに合わせる必要がある点,内視鏡画面の上下軸方向がずれやすい点など,良い投稿画像を鼻内視鏡で撮影する場合に基本的に改善しておく事項がいくつかある。そのほか内視鏡そのものの特徴として,独特の色特性やハレーションへの対応についても解説する。

収録刊行物

  • 頭頸部外科

    頭頸部外科 26(2), 159-162, 2016

    特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005282208
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-581X
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ