比較順位法を用いた生物多様性と教育に関する干潟の生態系サービスの経済評価の検討 VALUING THE BIODIVERSITY AND EDUCATION SERVICES OF TIDAL FLAT ECOSYSTEMS USING A NEW METHOD: RANKING COMPARISON METHOD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

干潟における複数の生態系サービスの経済価値を簡便に評価するための表明選好法として,比較順位法を考案し,東京湾内の4つの干潟における生物多様性と教育の経済価値の評価を試行した.東京湾流域圏の住民を対象にインターネット調査を行い,市場価格法等で経済価値が算定されている比較対象サービスの理想的な状態と比較し,評価対象サービスの経済価値の順位付けを行った.得られた順位と前後の順位の比較対象サービスの経済価値から,評価対象サービスの理想的な状態における経済価値を推定した.さらに,海洋健全度の考え方を応用し生物学・社会学的な指標から定量化された各干潟の評価対象サービスの得点率を,推定した経済価値に乗ずることで,各干潟における評価対象サービスの経済価値を算定した.

 We developed a new stated preference approach that was named rank comparison method (RCM) for evaluating multiple ecosystem services in a tidal flat easily. We conducted the internet survey to the citizen at the Tokyo Bay Basin, and inquired about the ranking of economic value of evaluating services compared with the reference services. The economic values of reference services were decided using market value approach or revealed preference approach. Based on the ranking of evaluating services and the economic values of reference services, we estimated the economic value of evaluating services. In addition, the economic values of evaluating services were converted into the individual economic values at the four tidal flats by use of the quantitative scores that were based on Ocean Health Index and assessed by the biological or sociological metrics.

収録刊行物

  • 土木学会論文集B2(海岸工学)

    土木学会論文集B2(海岸工学) 72(2), I_1453-I_1458, 2016

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005282226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1884-2399
  • NDL 記事登録ID
    027813060
  • NDL 請求記号
    YH267-236
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ