ペットロスに伴う死別反応から医師の介入を要する精神疾患を生じる飼主の割合 A Longitudinal Study of Mental Illness among Bereaved Pet Owners

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>ペット喪失に伴う深刻な心身の症状が2カ月を超えて持続する場合には,医師による対応が必要である可能性が高いと考えられる。東京および愛知の動物火葬施設で利用者に対して精神健康調査票(GHQ28)による追跡調査を実施したところ,死別直後で22/37名(59.5%),2カ月後で17/30名(56.7%),4カ月後で11/27名(40.7%)の遺族がリスク群と判定された。また,心身の症状に影響のある要因として,遺族の年齢,動物との関わり方,家族機能が挙げられた。ペット喪失後の問題を減らすためには,こうした要因をもつ飼育者に獣医療従事者が事前に気づき,予防的な対応をとることが重要と考えられる。</p>

<p>Psychosomatic symptoms of bereaved pet owners were longitudinally evaluated through a questionnaire survey. Results showed that the numbers of suspected cases of mental illness 0, 2, and 4 months after the pet loss were 22/37 (59.5%), 17/30 (56.7%), and 11/27 (40.7%), respectively. Risk factors could include age of owner, relationship between the owner and the pet, and family function.</p>

収録刊行物

  • 獣医疫学雑誌

    獣医疫学雑誌 20(1), 59-65, 2016

    獣医疫学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005297150
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11157349
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1343-2583
  • NDL 記事登録ID
    027579937
  • NDL 請求記号
    Z18-B556
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ