脱コモディティ化のためのカテゴリープライミング戦略: The Strategy of Category Priming for Avoiding Commoditization : The Priming Effects on Consumers' Willingness to Pay and Its Moderator Variables

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p> 本研究の目的は、コンテクスト効果の一種であるプライミング効果の枠組みを用いて、ある製品に対する支払意向額の判断において、当該製品とは異なるカテゴリーの製品との接触が消費者の支払意向額に与える影響を検証することである。また、プライミング効果の影響を調整する要因として、「製品カテゴリーに対する消費者の事前知識」と「製品カテゴリー間の類似性」を考慮する。さらに、消費者行動研究の視点から、価格競争に巻き込まれないための脱コモディティ化戦略の一施策を提示する。</p>

収録刊行物

  • 流通研究

    流通研究 18(1), 29-54, 2016

    日本商業学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005312275
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11273780
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1345-9015
  • NDL 記事登録ID
    028636746
  • NDL 請求記号
    Z71-B410
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ