精神疾患患者のミクログリア活性化特性と精神病理現象との相関を解明するためのトランスレーショナル研究  [in Japanese] Translational Research to clarify underlying mechanisms between microglial activities and psychopathological reactions in psychiatric disorders  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 加藤 隆弘 Kato Takahiro A.
    • 九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野|九州大学 先端融合医療レドックスナビ研究拠点 脳研究ユニット Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University|Brain Research Unit, Innovation Center for Medical Redox Navigation, Kyushu University
    • 扇谷 昌宏 Ohgidani Masahiro
    • 九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野 Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 渡部 幹 Watabe Motoki
    • モナッシュ大学マレーシア校 経営学部 ニューロビジネス分野 Department of Management, School of Business, Monash University
    • 神庭 重信 Kanba Shigenobu
    • 九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野 Department of Neuropsychiatry, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

Abstract

死後脳研究や PET を用いた生体脳研究により,統合失調症患者,自閉症患者,うつ病患者において脳内免疫細胞ミクログリアの過剰活性化が次々と報告されている。他方で,ミクログリア活性化抑制作用を有する抗生物質ミノサイクリンに抗精神病作用や抗うつ作用が報告されており,筆者らは既存の抗精神病薬や抗うつ薬が齧歯類ミクログリア細胞の活性化を抑制することを報告してきた。筆者らはこうした知見を元に,精神疾患におけるミクログリア仮説を提唱している。本稿では,精神疾患におけるミクログリア仮説解明のために現在進行中のトランスレーショナル研究を紹介する。 筆者らの研究室では,安全性の確立されている抗生物質ミノサイクリン投薬によってミクログリアの活動性そのものが精神に与える影響を間接的に探るというトランスレーショナル研究を萌芽的に進めており,健常成人男性の社会的意思決定がミクログリアにより制御される可能性を報告してきた(Watabe, Kato, et al, 2013 他)。精神疾患に着目したモレキュラーレベルのミクログリア研究では,技術的倫理的側面から生きたヒトの脳内ミクログリア細胞を直接採取して解析することは至極困難であり,モデル動物由来のミクログリア細胞の解析に頼らざるを得ない状況にあった。筆者らは,最近,ヒト末梢血からわずか 2 週間でミクログリア様細胞(induced microglia-like cells:iMG 細胞)を作製する技術を開発した(Ohgidani, Kato, et al, 2014)。精神疾患患者由来 iMG 細胞の作製により,これまで困難であった患者のミクログリア細胞のモレキュラーレベルでの活性化特性が予測可能となった。こうした技術によって,臨床所見(診断・各種検査スコア・重症度など)との相関を解析することで,近い将来,様々な精神病理現象とミクログリア活性化との相関を探ることが可能になるかもしれない。

Microglia, glial cells with immunological/inflammatory functions, have been suggested to play important roles in various psychiatric disorders. To clarify these aspects, novel translational methods should be applied. We herein introduce two novel translational research approaches focusing on human microglia, in order to clarify the relationship between psychopathology and microglia. (1) We have recently conducted an economic game - rust game - to healthy young males with or without 4 - day- treatment of minocycline, an antibiotic with microglial inhibitory effects. Interestingly, minocycline suppressed personality - oriented and/or drive - oriented social behaviors (Watabe, Kato, et al, 2013). (2) Deeper physiological/pathological molecular mechanisms of human microglia have not been clarified due to technical and ethical issues (such as difficulties of human brain biopsy). We developed a novel technique to induce microglia- like cells (iMG) from human peripheral broods within 2 weeks (Ohgidani, Kato, et al, 2014). We believe that our novel translational approach will open the door to explore various unknown psychopathological aspects of human microglia in psychiatric disorders.

Journal

  • Japanese Journal of Biological Psychiatry

    Japanese Journal of Biological Psychiatry 26(3), 140-145, 2015

    Japanese Society of Biological Psychiatry

Codes

Page Top