低酸素ストレスに対する生体応答機構  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

利用可能な酸素分子が低下することにより引き起こされる低酸素ストレスは、好気呼吸によるエネルギー産生を阻害し、生命活動に重大な障害を与える。そのため、我々の体は低酸素ストレスに対する全身性および細胞性の生体応答機構を備えている。本セミナーでは、低酸素ストレスに対する応答機構について、特に、赤血球産生を促進するサイトカインであるエリスロポエチンの遺伝子発現制御機構を中心に概説する。

Journal

  • Farumashia

    Farumashia 53(3), 201-205, 2017

    The Pharmaceutical Society of Japan

Codes

Page Top