レドックスシグナルの活性イオウ分子制御  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

活性酸素種(ROS)は、非特異的化学修飾をもたらす毒性因子としての側面の他に、生理的な細胞内シグナル(レドックスシグナル)分子としての機能を持つ。ROS・レドックスシグナルはその下流で生じる親電子物質を介して巧妙に制御されている。最近、新規レドックスシグナル制御因子として活性イオウ分子種が同定された。活性イオウ分子種によるレドックスシグナル制御機構の解析は、酸化ストレスの関わる疾病の新規予防・治療戦略の開発に寄与すると期待される。

Journal

  • Farumashia

    Farumashia 53(3), 210-214, 2017

    The Pharmaceutical Society of Japan

Codes

Page Top