陥入爪の治療 Treatment for Ingrown Toenail and Pincer Nail

この論文にアクセスする

著者

抄録

陥入爪の治療として行ってはならない治療法は楔形切除法,フェノール法および爪甲側縁先端を切除する方法である。形状記憶合金板法,B/Sブレイス法,超弾性ワイヤー法は柔軟性のある巻き爪に対しては有用な治療法であるが,深爪で起きる陥入爪に対しては有用性が低い。VHO法は柔軟性のある巻き爪や爪甲側縁の長い軽症の陥入爪に対しては有用である。一方,アクリル人工爪療法は全ての症例,すなわち重症の巻き爪や陥入爪に対しても有用である。

Bilateral wedge resection or phenol matricectomy for ingrown toenail of one toe can induce severe nail deformity several years later, because the function of the nail plate that protects the underlying tissues from upward pressure is lost. <BR>Recommended procedures for ingrown toenail are as follows: the shape memory alloy method, super elastic wire method, VHO method, and formable acrylic treatment (sculptured nail method), decide on a case by case basis. The sculptured nail method for ingrowing toenail is used for severe cases in degree.

収録刊行物

  • 皮膚の科学

    皮膚の科学 5(6), 456-460, 2006

    日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会

各種コード

ページトップへ