Rising Star Symposium3 IFNsのT-betを介したT細胞代謝リプログラミングと自己免疫疾患への関与  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 岩田 慈
    • 産業医科大学医学部 第一内科学講座
    • 菅野 由香
    • 米国NIH National Institute of Arthritis and Musculoskeletal and Skin Diseases, Molecular Immunology and Inflammation Branch
    • 阪田 圭
    • 産業医科大学医学部 第一内科学講座|田辺三菱製薬
    • O'Shea John J.
    • 米国NIH National Institute of Arthritis and Musculoskeletal and Skin Diseases, Molecular Immunology and Inflammation Branch

Abstract

<p>  IFNは生体防御や免疫調整機構において重要な役割を担うと同時に,SLEなど自己免疫病態にも関与する.我々は,1型IFN(IFN-α, β)及び2型IFN (IFN-γ)がCD4+T細胞のRNA発現に与える影響を網羅的に解析した.2種のIFNはT-betを介してそれぞれの遺伝子特性を発揮しており,特に細胞内代謝関連遺伝子で顕著な相違を示した.つまり,IFN-α, βは解糖系を抑制,IFN-γは促進させた.T-betは,IFN-γシグナルを増幅し,一方IFN-α, IFN-βの自己産生を抑制することで解糖系亢進を促し,迅速なCD4+T細胞の増殖を齎した.次に,SLE患者末梢血CD4+T細胞におけるT-betの役割を検討した.SLEでは,CD4+CD28-CXCR3intT-bethi細胞が増加しており,活性化effector memory細胞であった.T-betを高発現した同細胞では,IFN-γを強力に産生し,解糖系を促進させるmTORC1のリン酸化が亢進していた.同細胞は過去の免疫抑制剤使用数,即ち治療抵抗性と相関した.CD4+CD28-CXCR3intT-bethi細胞は,IFN-γ-mTORC1-T-bet経路による解糖系亢進により活性化し,SLEの治療抵抗性に深く関与している可能性がある.同細胞を標的とした細胞内代謝変容制御は,SLEの新たな治療戦略として期待される.</p>

Journal

  • Japanese Journal of Clinical Immunology

    Japanese Journal of Clinical Immunology 39(4), 311-311, 2016

    The Japan Society for Clinical Immunology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005407731
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0911-4300
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top