東京オリンピック開催期間における宿泊施設の需給バランスの評価  [in Japanese] An estimation of demand-and-supply balance in accommodations at the period of Tokyo 2020 Olympic  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

日本政府観光局によれば,2015年の年間訪日外客数は過去最高の1,973万人であり,東京でオリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて,訪日外客数は伸びていくと予測されている.また,訪日外客だけでなく国内の宿泊旅行も増加しており,宿泊施設の客室稼働率は高止まりしている.そこで本研究では,2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催時に,宿泊を希望する観戦客に対して現在の宿泊施設は十分な供給力を有しているのかということを評価する.具体的には,宿泊需要を招致委員会の立候補ファイルに基づいて予測するとともに,Web予約を主体としたある旅行会社が取り扱っている宿泊施設のデータを利用して供給量を算出する.そして,宿泊に関する需給バランスを時空間的に評価する.さらに,2競技観戦チケットの導入が需給バランスの改善に寄与することを数理計画モデルによって示す.

The number of visitor arrivals to Japan in 2015 was over 19 millions, which is the highest yearly number ever recorded. Japan National Tourism Organization (JNTO) forecasts growth of the number of visitor arrivals until 2020. Recent years, a short supply in accommodations has occurred in Japan. In this paper, we forecast demand and supply for accommodations during the period of Tokyo 2020 Olympic by using Tokyo 2020 games foundation plan and travel agent's website data. Then we estimate the demand-and-supply balance in accommodations. Moreover, we formulate mathematical programming model for 2-days ticket, and we show that introduction of a 2-days ticket is useful for improvement of demand-and-supply balance.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 51(3), 481-486, 2016

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top