地方都市の中心市街地活性化が地域活性化に果たす役割に関する研究:イノベーティブ・タウン仮説の提示とその妥当性の検討  [in Japanese] A Study on the Role of Town Center Revitalization in the Process of Regional Reinvigoration:Proposal of Innovative Town Hypothesis and the Examination of its Validity  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、日本の地方都市の地域活性化の進め方と中心市街地の役割に関する考え方として、ライフスタイル産業仮説とクリエイティブ・タウン仮説から構成されるイノベーティブ・タウン仮説を提示した。イノベーティブ・タウン仮説の肝は、ライフスタイルを生かした地域の活性化と、そのベースとなるアイデアを喚起し、人と人をつなぐ場としての中心市街地の役割である。中心市街地活性化の好事例としてとり挙げられることの多い地方都市についてイノベーティブ・タウン仮説の適合性を検討したところ、中心市街地活性化事業の展開の仕方(行政主導型、協働型、民間主体型)の違いにより、そのアプローチの違いはみられるものの、全体として、イノベーティブ・タウン仮説に適合したかたちで中心市街地活性化事業が展開していることが確認できた。とくに「民間主体型」において、より直接的にライフスタイル産業の生成に結びつく活動が展開していることが指摘できる。一方、「行政主導型」「協働型」においては、ライフスタイルの彫琢、市民のネットワークの形成、魅力的なパブリックスペースの創出等の中長期的な目標が重視される傾向がある。

This study aims to examine the role of town center revitalization in the process of regional reinvigoration. In order to do so, firstly, the innovative town hypothesis is proposed, which is composed of the lifestyle industry hypothesis and the creative town hypothesis. In this research the viability of these hypotheses are tested through the case studies in the small to medium-sized cities: Hachinohe city, Iida city, Nagahama city, Kamiyama town and Shiwa town which are considered as some of best practices in this field. These cases are classified into three approaches: government-led, collaborative and private sector-led. As a result, generally speaking it was concluded that the hypotheses proposed in this research can well explain the process of revitalization in the case study cities. Differences are also noted in different approaches.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 51(3), 791-797, 2016

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top