オランダにおける土地活用事業制度とその運用に関する研究:公共空間の整備事業に関して民間側に費用負担を実効的に求める費用回収の手法に着目して  [in Japanese] A Study on Ground Exploitation System and its Implementation in the Netherlands:From a point of view of effective cost-recovery from private companies regarding public infrastructure development  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

経済成長が見込めないなかで、都市施設の整備や市街地開発事業(以下、「整備事業」)を実施する際に、(1)合理的な土地利用計画の改訂に基づいて、(2)整備事業をする際に、(3)基礎的自治体が、(4)公共空間の整備によって受益する民間事業者側から、(5)法的強制力を背景に、(6)負担金または都市土地施設等の提供により、公平な負担を求め、(7)それを実効的に運用する、「費用回収」の手法が求められている。この点について、オランダでは2008年の改正空間計画法に「土地活用事業」を規定し、(I)計画的で(II)柔軟性のある(III)実効的な費用回収の仕組を導入した。本研究では、オランダの土地活用事業制度の費用回収の手法について、制度(土地活用事業計画及び土地活用事業協定)と運用実例を紹介する。具体的には、市が整備事業を行う際には、地区詳細計画の改訂と土地活用事業計画の策定を位置づけ、マスタープランである構造ビジョンに指定することで、民間事業者に負担金の賦課するなどによって費用回収を計画的に図る制度を背景に、土地活用事業協定によって柔軟に調整するものである。この手法は日本の費用回収へも示唆があるだろう。

In economically matured society like Japan, an effective cost-recovery system from private companies regarding public infrastructure development is essential. This paper aims to analyze the new ground exploitation system under the New Spatial Act 2008 in the Netherlands. The Netherland introduced the compulsory ground exploitation plan, which asks for private companies to contributions. In practice, under the possibility of making a ground exploitation plan, a municipal government and private companies negotiate for a ground exploitation agreement based on the structure plan, which decides effective contributions or other private burdens. The Dutch system has three strong points for essential to cost-recovery system; plan rationality, flexibility and legal-effectivity. This system would be informative to Japanese cost recovery system design.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 51(3), 804-811, 2016

    The City Planning Institute of Japan

Codes

Page Top