友人との学習が動機づけ調整及び学習パフォーマンスに与える影響  [in Japanese] Effects of Peer Learning on Motivational Regulation and Academic Performance  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 本研究では, 友人との学習を「意図的な協同学習」,「他者意識」,「雑談」に分類した質問紙を作成し, 動機づけ調整及び学習のパフォーマンスとの因果関係を共分散構造分析によって検討した. その結果, 意図的な協同学習は自律的調整方略を介して学習の持続性に正の影響を与え, 自律的調整方略を介さない場合は学習の持続性に負の影響を与えることが示された. また, 雑談と他者意識は成績重視方略を介して学習の持続性に負の影響を与えることが示された. ゆえに,友人との学習を行った後も動機づけを高めるための方略を使用することが学習の持続性につながり,動機づけを高めるための友人との学習は,必ずしも学習の持続性には直接はつながらないことが示された. </p>

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 40(Suppl.), 29-32, 2017

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005437519
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    027859561
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top