国語科学習者用デジタル教科書のマーカー機能と授業支援システムの画像転送機能を活用して言葉を検討させる授業における指導方略  [in Japanese] A Study of Instructional Strategies for Japanese Classes in Which Learners Consider Words by the Function of Marker in Learners' Digital Textbook and Class Support System  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 本研究は,開発中の国語科学習者用デジタル教科書のマーカー機能と授業支援システムの転送提示機能を活用して言葉を検討させる授業における教師の指導方略の構成要素を抽出することを目的としたものである.小学校・6年生・国語「『鳥獣戯画』を読む」の単元における授業実践を参与観察・ビデオ記録し,教室内の現象(発話と振る舞い)を書き起こし,学習者用デジタル教科書活用場面における教師の指導方略の構成要素をコード化して抽出した.本実践における55件の活用場面をオープンコーディングした結果,4カテゴリー14項目の指導方略の構成要素を抽出するとともに,その構造を明らかにすることができた. </p>

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 40(Suppl.), 105-108, 2017

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005437617
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    027860470
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top