高校生におけるインターネット依存傾向と学校生活スキルの関連性とその性差  [in Japanese] Gender Differences in Relationships of the Internet Addiction Tendency and School Life Skills in High School Students  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 稲垣 俊介 INAGAKI Shunsuke
    • 東京都立江北高等学校|東北大学大学院情報科学研究科 Tokyo Metropolitan Kohoku High School|Graduate School of Information Sciences(GSIS), Tohoku University
    • 和田 裕一 WADA Yuichi
    • 東北大学大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Sciences(GSIS), Tohoku University

Abstract

<p> 高校生のインターネット依存傾向と学校生活スキルの関連性について検討した.インターネット依存傾向尺度(鶴田ほか 2014)の下位尺度得点を説明変数,学校生活スキル尺度(飯田ほか 2009)の総合点を目的変数とした重回帰モデルの多母集団同時分析を行った.男子は「長時間利用」,女子は「メール不安」の得点がそれぞれ高いと学校生活スキル得点が低い傾向にあることが見出された.男子はメール以外の用途でのインターネット利用,女子はメールによるコミュニケーションが学校生活スキルに負の影響を及ぼすことが示唆された.これらの知見を踏まえ,高校生のインターネット利用や依存傾向の予防に対する指導のあり方について考察した. </p>

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 40(Suppl.), 109-112, 2017

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005437618
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    027860487
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top