保育現場での活用を想定した幼児向けアプリの評価観点の検討  [in Japanese] A study on Evaluation Viewpoint of Young Children's Apps that Prepare for Applying the Practices of Early Childhood Care and Education in Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究では,今後のわが国の保育現場での幼児向けアプリ活用につながるような評価規準の作成につながる保育者のアプリの評価観点について検討した.既存の幼児向けアプリについて,幼稚園教育要領に示された保育のねらいや内容に即した評価項目を設定し,保育の視点で評価可能な評価者による評価を試みた.その結果,実際の保育と関連づけて遊びやアプリを評価する3つの評価観点を示すことができた.その評価観点は,実生活と関連した力の獲得,創造性があり試行錯誤できる遊びの促進,一人ではなく大人や友達と楽しめる共同・協同性の3点であった.</p>

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 40(Suppl.), 117-120, 2017

    Japan Society for Educational Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005437620
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    027860593
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top