高密度テンプレートマッチングにおける高速化手法 Fast algorithm for high density template matching

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

テンプレートマッチングは, 標準的な動き推定手法の一つとして, 比較的粗い動き場を推定する際に用いられてきている. ここで, 粗い動き場というのは, 推定された各移動量が, 典型的には8×8画素以上の領域の動きを表す場合をである. 本稿では, 高密度の動き場の推定に適したテンプレートマッチングの高速アルゴリズムを提案している. ここで, 高密度の動き場というのは, 推定された各移動量が, 4×4画素以下の領域の動きを表している場合である. 提案手法の演算量は, 推定される動き場の密度やテンプレートの大きさにほとんど依存しないことが示されている

As a standard motion estimation method, the template matching has been used for estimating relatively coarse motion field, wherein each estimated displacement represents the motion of the area with typically 8 by 8 or more pixels. This paper proposes a fast algorithm for the template matching method suitable for estimating high density or fine motion field, wherein each estimated displacement represents the motion of the area with 4 by 4 or less pixels. It is found that the computational complexity of the proposed algorithm is almost independent from the density of motion field and the size of templates.

収録刊行物

  • 画像電子学会研究会講演予稿

    画像電子学会研究会講演予稿 02-05(0), 8-8, 2002

    一般社団法人 画像電子学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005441360
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00348041
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    図書の一部
  • ISSN
    02853957
  • NDL 記事登録ID
    6366503
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1360
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ