広島原爆早期入市者の疾病記録と誘導放射能による外部被曝量の評価 Disease records of early entrants after the Hiroshima bombing and their radiation exposure due to neutron-induced radioactivity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

広島・長崎の原爆直後に爆心地近辺に入った早期入市者については、入市直後にさまざまな疾病が現れたことが知られている。従来より誘導放射線による被曝影響の可能性が指摘されているものの、その因果関係を検討するには、個々の入市被爆者に関する情報が不十分であった。2008年8月に放映されたNHKの番組の中で、早期入市者の病状について1950年頃にABCCが聞き取り調査を行った個人記録が紹介された。その記録によると、嘔吐、下痢、脱毛といった、急性放射線障害と同様の症状が起きていたことが確認されている。我々は、そのような記録がある2名に入市時の行動についてインタビューを行い、行動経路に基づいて誘導放射能からの外部被曝を計算した。8月7日に入市し、爆心から900mの自宅に立ち寄り、一週間ほど文理大グラウンド(1400m)で寝泊まりしたAさんの被曝量は9.40mGyとなった。不確定さを考慮しここでの見積もりは約30mGyとした。Aさんは、8月13日に発熱、下痢、口内痛を発症、1ヵ月後に歯齦出血、脱毛があった。8月7日に、比治山から電車通り沿いに爆心近くを通って己斐駅まで歩いたBさんの被曝量は2.6mGyとなったが、不確定さを考慮し約8mGyと見積もった。Bさんは、9月12日に嘔吐、下痢で病臥、10月5日頃に脱毛がはじまった。AさんやBさんの病状は急性放射線症状を想定させる一方、従来の知見に基づくと、かれらの被曝量の見積もりは放射線症状を引き起こすほどではない。我々としては、以下の3つの可能性を考えている。(1)観察された疾病は、疲労や感染症などによるもので放射線被曝とは関係ない、(2)被曝量の見積もりが大きく間違っている、たとえば、本研究の見積もりには含まれていない内部被曝の寄与が大きかった、(3)原爆被爆という極限的な状況下で、放射線被曝が他の要因と複合的に作用して閾値が大きく下がり急性放射線障害のような症状が現れた。どの説明がより適切であるか今の段階では結論できないと考えている。

It is known that people who entered into the ground-zero area after the atomic bombings in Hiroshima /Nagasaki soon suffered from various diseases. Although a possibility has been pointed out that these diseases were caused by residual radiation, the information was too fragmentary to consider the casual relation between diseases and radiation. A NHK TV program in August 2008 showed individual records of early entrants interviewed around 1950 by medical staffs of ABCC. According to these records, such diseases as fever, diarrhea, epilation etc. were registered. This year we met two entrants in Hiroshima who had individual records at ABCC. We estimated their external exposure, taking into consideration their behaviors after entering the city. About 30 mGy was estimated for Ms A, who entered on August 7 in Otemachi (900 m from the hypocenter) and stayed for one week at Bunridai (1,400 m). Fever, diarrhea, sore mouth etc. appeared with her on August 13. Bleeding gums and epilation began at the beginning of September 1945. About 8 mGy was estimated for Ms. B, who walked on August 7 from Hijiyama to Koi station. She suffered from vomiting and bloody diarrhea on September 12 and epilation began on October 5. Although these diseases recall us radiation syndrome, the level of their radiation exposure seems to be too small to cause such diseases. We are considering three possibilities. (1)Observed diseases were not related with radiation, but with other factors such as fatigue or infection, (2)Radiation exposure was mistakenly underestimated, (3)Under the extreme condition of atomic bomb, synergistically working with other factors, threshold for radiation syndrome could be drastically reduced.

収録刊行物

  • 日本放射線影響学会大会講演要旨集

    日本放射線影響学会大会講演要旨集 2009(0), 146-146, 2009

    Journal of Radiation Research 編集委員会

各種コード

ページトップへ