残留農薬情報表示デザインに関する心理学的検討 A psychological study on the efficacy of graphic design for agricultural chemical residues

この論文にアクセスする

著者

    • 朴 ソラ Park Sora
    • 千葉大学大学院工学研究科|(独)農研機構食品総合研究所 Chiba University Graduate School of Engineering|National Agriculture and Food Research Organization Food Research Institute
    • 和田 有史 Wada Yuji
    • (独)農研機構食品総合研究所 National Agriculture and Food Research Organization Food Research Institute

抄録

食品の安全性に関するネガティブなニュースをテレビや新聞などで見ることによって消費者たちは不安感を感じることになる.このような消費者の不安感を軽減させるためには,生産者,専門家,消費者との食品安全に対する共通理解を促すツールが必要である.本研究では,農薬の残留量に関わる無毒性量(NOAEL),一日許容摂取量(ADI),残留農薬基準の関係を示す表示方法(①文章,②文章+グラフ,③文章+イラスト)が残留農薬に関するリスクの認識に及ぼす影響について検討した.実験は,参加者に3段階の残留農薬基準値以下の農薬が残留している可能性がある農産物について,安全の程度に関する認識をVAS(ビジュアルアナログスケール) を用いて評価させた.その結果,表示方法によってリスク認知強度の順位の正答率は「文章+イラスト」の方が「文章+グラフ」より有意に高かった.一方で「文章+グラフ」は「文章」よりも正答率が低かった.この結果からは,3つの基準値の量的な関係と生体への影響を表した2次元のグラフを用いた「文章+グラフ」より,1次元で表した「文章+イラスト」の方がリスク強度を適切に伝達することができる可能性が示唆された.

In the present study, we examined how consumers would evaluate the risk of agricultural chemical residues when the information was given in "text-only", "text-and-graph", and "text-and-illustration" formats. The participants were given information regarding agricultural chemical residues in either a "text-only", "text-and-graph", or "text-and-illustration" format, and asked to evaluate the risk of the information using visual analog scale. The results indicated that the participants could evaluate the risk most accurately with the "text-and-illustration" format. Combination of text and illustration may facilitate understanding of the risk of agricultural chemical residues. <br>

収録刊行物

  • 日本デザイン学会研究発表大会概要集

    日本デザイン学会研究発表大会概要集 59(0), 210, 2012

    日本デザイン学会

各種コード

ページトップへ