再使用が可能なショッピングバッグのデザイン提案 Design proposal of shopping bag that can be used

Access this Article

Author(s)

Abstract

ショッピングバッグは世界的な環境汚染の大きな要因としてしばしば採り上げられる。 ショッピングバッグの問題点は、持ち手の部分が破れてしまうと使えなくなることである。 今回提案したLizard bagは、持ち手が切れた場合に点線が印刷されている上部と穴の部分を切り取れば再びショッピン グバッグとして使うことができる。また、「もう一度使用する」というコンセプトを考慮し、ショッピングバッグの材質は再生紙を使用することで廃棄されるショッピングバッグの量を削減して行けるものと予想される。

The shopping bag that is used worldwide is emerging  as one of the main causes of the environmental pollution.    The problem of the existing shopping bag is that it cannot be  reused when its handle strap is broken. However, this lizard  bag is designed to be reused in case its handle strap is broken.  When it is broken, take out the upper part in a dotted line and  the hole, and then the shopping bag can be reused. With this  aspect, the amount of the wasted shopping bags can be reduced.  Furthermore, as using recycled paper, the concept of reuse is  reflected in the design to harmonize it with the characteristic of  the lizard.  

Journal

  • PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD

    PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD 59(0), 284, 2012

    Japanese Society for the Science of Design

Codes

Page Top