モンゴル国の牧畜におけるコモンズ:「牧民グループ」は、なぜ消えていくか? Commons in Pastoralism of Mongolia:Why have Herder Groups disappeared?

この論文にアクセスする

著者

抄録

モンゴル国では、牧地を1990年代からの市場経済化や温暖化の影響からまもるためとして、国際開発機関が「牧民グループ」を組織する開発プログラムを実施してきたが、それらはプログラム終了後は存続せずに消滅していく。牧畜における資源(Resource System)の性質を考慮せず、コモンズの持続可能な存立条件といわれる「明確な境界」や小さい資源サイズをプログラムの設計基準としたからである。

In Mongolia, international development organizations have implemented development programs which organize "herder groups" since the late 1990's. However, almost none of those herder groups have survived after the finish of the program. It is because they adopt Ostrom's criteria: "clear defined boundaries" and "small size in resource" for long-enduring CPR institutions as their design principles with no respect to the characteristics of the resource system.

収録刊行物

  • 日本文化人類学会研究大会発表要旨集

    日本文化人類学会研究大会発表要旨集 2013(0), 85, 2013

    日本文化人類学会

各種コード

ページトップへ