漏斗雲の見え方と竜巻パラメータとの関係性について  [in Japanese] Relation between Shape of Funnel Clouds and Tornado Characteristics  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

被害の情報を用いずに竜巻の強さや大きさを推定する方法を確立することは非常に重要である。本研究では,水平シアによって発生する竜巻状流れを実大スケールの直方体計算領域を用いたラージエディシミュレーションによって生成した。その竜巻状流れの下で,断熱変化による水蒸気の飽和する面を漏斗雲として計算した。そして,相対湿度と最大接線風速U<sub>tmax</sub>が漏斗雲の形に及ぼす影響について検討した。さらに,漏斗雲の大きさとU<sub>tmax</sub>の関係もまた検討された。結果として,漏斗雲が地表面に達していない条件の下では,漏斗雲の高さはU<sub>tmax</sub>の二乗に比例して変化しており,相対湿度によってコア半径に対する漏斗雲の幅の比とU<sub>tmax</sub>の関係が変化することが明らかとなった。

The performance of the orthopter-type wind turbine in a shear flow was investigated in an open circuit wind tunnel. The orthopter-type wind turbine is one of the vertical-axis wind turbines which each blade combines a rotating movement around its own axis and a rotating movement around turbine's axis. The diameter and height of wind turbine were 510mm and 400mm, respectively. The number of flat plate blade was three. The effects of the location of wind turbine and the strength of shear flow on the performances of the orthopter-type wind turbine were found. The power of the wind turbine increased when the porous plate was installed at backward side.

Journal

  • PROCEEDINGS OF NATIONAL SYMPOSIUM ON WIND ENGINEERING

    PROCEEDINGS OF NATIONAL SYMPOSIUM ON WIND ENGINEERING 24(0), 121-126, 2016

    Japan Association for Wind Engineering

Codes

Page Top