スキンケア化粧品のコンセプトの変化:—角層を保湿することの重要性— Transition of the Concept of Skin Care Products:—The Importance of Moisturizing the Stratum Corneum—

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スキンケア化粧品の基本的な機能は皮膚の保湿である。皮膚の乾燥が肌荒れだけではなく,皮膚の老化の一因となっていることは,われわれは経験的に知っている。角層には水分を保つ機構が存在するが,その詳細が解明され始めたのは,20世紀の半ばになってからであった。市場の化粧品のコンセプトはこの皮膚科学の発展を商品に応用したものが多い。そのため,過去においては,天然保湿因子(NMF)と皮脂を模して,水分と保湿剤,油脂を含有する製剤がスキンケア商品として用いられてきた。皮膚科学の発展に伴い,セラミド,NMFを配合した製品,顆粒層に存在するタイトジャンクションに注目した素材を配合した製品,角層細胞の成熟に注目した製品が開発され,上市されてきた。さらに,過去には死んで剥がれ落ちると考えられていた角層が,スキンケア行為によって濡れてゆっくりと乾くことにより,バリア機能が向上し,皮膚の状態が健全に保たれることも報告された。本稿では,保湿にかかわる皮膚科学の進歩と関連したスキンケアコンセプトの変化について歴史的な変化も含めて述べる。

The basic function of skin care products is skin moisturization to maintain an adequate water content in the stratum corneum (SC). It is well known that skin dryness causes not only rough skin, but also initiates skin aging. As mechanisms retaining water in the SC, the roles of natural moisturizing factors (NMF), intercellular lipids and tight junctions have been revealed. Although it was thought that the SC plays a role in retaining water, its role was not elucidated until the mid-twentieth century. Recently, the progress of dermatological science has extensively contributed to developing concepts of skin care products. So far, humectants and various oils in place of NMF and sebum are generally formulated into skin care products to maintain water in the SC. However, recent dermatological knowledge has contributed to the development of products containing ceramides and NMF, or of products focusing on tight junctions existing in the granular layer and maturation of the SC. Furthermore, a recent study demonstrated the importance of the drying process of wet skin in which drying slowly after application of a moisturizer leads to improving the barrier function of the SC. In this review article, the author summarizes the transition of skin care concepts related to the progress of cosmeto-dermatology.

収録刊行物

  • 日本化粧品技術者会誌

    日本化粧品技術者会誌 50(2), 91-97, 2016

    日本化粧品技術者会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005464692
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00101606
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-5253
  • NDL 記事登録ID
    027511046
  • NDL 請求記号
    Z17-820
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ