敏感肌に対するグリチルリチン酸ジカリウムの有効性 The Effect of Dipotassium Glycyrrhiza on Sensitive Skin Care

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,紫外線や大気汚染などの環境因子,食生活の変化やストレス等によって敏感肌を訴える人は増加している。われわれは,すでに敏感肌向け化粧品に多く配合されているグリチルリチン酸ジカリウム(DPG)の有効性について検討した。DPGは,神経ペプチドであるサブスタンスPによる神経成長因子の遺伝子発現上昇を抑制したことにより,敏感肌の特徴的状態である知覚過敏反応を抑制できる可能性が示された。また,敏感肌を対象にした臨床試験では,0.2%DPG配合製剤は乳酸によって誘導されるかゆみに対する違和感に対して改善傾向が認められた。これらの結果から,DPGは,種々の敏感肌の人に対して改善作用を有する可能性が示唆された。

Market volume of sensitive skin care products has continuously increased along with the increase in people's concern about sensitive skin due to more stressful lifestyles and environmental degradation. We investigated whether dipotassium glycyrrhizate (DPG), the active ingredient which is most frequently utilized in sensitive skin care products in Japan, is able to reduce the expression of nerve growth factor (NGF), which upregulates hyperesthesia in the skin, a characteristic condition of sensitive skin, with an <i>in vitro</i> study. Furthermore, suppression effects in some parameters of sensory discomfort were found in a human stinging test using a formulation containing 5% lactic acid and with/without 0.2% DPG. In this study, DPG suggested the possibility of improvement for persons with various kinds of sensitive skin.

収録刊行物

  • 日本化粧品技術者会誌

    日本化粧品技術者会誌 50(4), 334-339, 2017

    日本化粧品技術者会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005464807
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00101606
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-5253
  • NDL 記事登録ID
    027822060
  • NDL 請求記号
    Z17-820
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ