諸外国のプログラミング教育を含む情報教育カリキュラムに関する調査:-英国,オーストラリア,米国を中心として- The Comparative Survey of Computer Science and Programming Education for Primary and Secondary Schools in the UK, Australia and USA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本稿では,初等中等教育において全国レベルでプログラミング教育が実施されている英国,オーストラリア,米国のカリキュラムを調査し,その内容を総括的に述べる.各国とも情報教育として,プログラミング教育を包含するコンピュテーショナルシンキングの考え方を中核にして,抽象化,問題の分析,アルゴリズム,データ活用,評価,協働作業等の能力の育成を目指した学習内容を定義している.各国のプログラミング教育は類似した内容で,小学校低学年ではロボットやパズルを使用して手順の指示を行い,小学校高学年ではビジュアル言語を使用して分岐や反復を含むプログラムを制作し,中学校高校ではテキスト言語を使用して複数のデータ型やモジュールを含むプログラムを開発する.また,従来のICTの基本的操作,情報倫理,情報の安全教育などを小学校低学年から実施するなど総合的な情報教育の面もある.</p>

<p>In this paper, we review the national curricula for primary and secondary schools in the UK, Australia and USA, and report on their contents and features. The ICT education in these three advanced countries is defined in terms of certain key goals, e.g., abstraction, problem solving, algorithms, data, evaluation, collaboration, etc. These are based on computational thinking, and include programming education as a part of the curriculum. In terms of programming education, students in the lower grades of primary school solve quizzes and learn simple logic for control robots. In the upper primary grades, they develop visual-language programs that include conditional statements and loops. In secondary school, they develop text-language programs that include different types of data and modular programming. Although the new curricula are aimed more at computer science, they still include ICT literacy in the lower grades, e.g., e-safety and information ethics.</p><p></p>

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 40(3), 197-208, 2016

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005466774
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    027867236
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ