PINTO:食事の栄養をチェックする個人的なシステムのコンセプトの提案 PINTO:Proposal of a New Concept for Personalized Nutrition Tracking

この論文にアクセスする

著者

抄録

PINTOは個人的な食事の栄養をチェックするシステムのコンセプトである。体に必要な栄養を供給する食べ物を知ること。自分の健康をもっと意識する目的で、PINTOシステムはユーザーに「表示する」こと,「測る」ことと「勧める」ことが中心である。ユーザーの取られた栄養や食生活に関する個人情報をインフォメーショングラフィックで表示す「PINTO Card」が一つ。そのものは名刺のサイズであり、今必要な栄養はなにか、何を食べればいいのかをどこでも簡単にCardから調べられる。PINTO Cardにあるカメラと栄養分析技術で、食べるまえに食事の栄養分を測り、その情報によって、ユーザーが自分の食事生活をもっと健康良く改善することができる。PINTO には記録した栄養・食生活データを利用し、スーパーで買い物する際、予算のなかで栄養よい食材を勧め、そして、キチンで料理を作る際、ヘルシーなレシピも勧めることができる。

The PINTO project proposes a new conceptual design that speculates how personalized dietary tracking system  could be improved in the future. The project utilizes up-and-coming technology in food scanning and how such technology could be incorporated with recipe and restaurant databases to create a dietary tracking experience that is more fun and useful.

収録刊行物

  • 日本デザイン学会研究発表大会概要集

    日本デザイン学会研究発表大会概要集 61(0), 201, 2014

    日本デザイン学会

キーワード

各種コード

ページトップへ