Research On Design Approach Based On Cultures Difference Research On Design Approach Based On Cultures Difference

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究は文化差を活用したデザインアプローチの研究である。二つの異なる文化の共通と差異ポイントを明らかにして、デザインコンセプトに活用し、デザインを提案する。作品の制作と評価を繰り返し行い、制作作品が両方の文化に合えるかどうかを見出す。作品評価は評価シートとユーザーエクスペリエンスマップを使って、評価した。

This research aims to propose designs based on cultures comparison. Taking Malaysian and Japanese cultures as the target of this case study, their common and different points are studied before proposing a new design concept which will suit on both cultures. Using the new combination of design concepts, a prototype is built. For the first prototype, a rattan floor chair is designed. To verify the acceptance of the design on both of the cultures, design evaluation and user experience design evaluation is made. 

収録刊行物

  • 日本デザイン学会研究発表大会概要集

    日本デザイン学会研究発表大会概要集 61(0), 24, 2014

    日本デザイン学会

キーワード

各種コード

ページトップへ