カンラン岩地帯の森林が流域および沿岸域への溶存物質フローにおよぼす影響  [in Japanese] The influence of forests for the material flow of watersheds and coastal area in peridotite zone  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

【目的】北海道日高山脈南部のカンラン岩流域(アポイ岳:針葉樹林)、および隣接する非カンラン岩流域(白亜紀~古第三紀堆積岩:針広混交林)における比較研究をもとに、森林形態の違いが流域から沿岸域への物質フローに与える影響や、沿岸域における生物資源におよぼす効果について、「山地-耕地-沿岸域」の中で明らかにしようとするものである。【方法】アポイ岳周辺の小河川において月一回の水質に関する広域調査をおこなうとともに、カンラン岩流域、および非カンラン岩流域にそれぞれ2流域、計4流域に水位計と自動採水器を設置し、流量(通年)と水質(降雨期・融雪期)の連続観測をおこなった。森林流域からの物質フローの観測項目は、有機・無機イオン・溶存金属・溶存炭素等である。【結果】カンラン岩はFeやMg等の含有量が高いが、平水時および渇水時におけるカンラン岩流域河川水中の溶存Fe濃度は総じて低く、地質との関係は不明瞭であった。一方、降雨出水時には溶存Fe濃度は両流域で上昇したが、上昇の程度はカンラン岩流域で大きかった。この時のFe濃度は、DOC濃度とよく似た時間変化パターンを示し、有機物と結合して流出していることを示唆していた。

[in Japanese]

Journal

  • The Japanese Forest Society Congress

    The Japanese Forest Society Congress 125(0), 648, 2014

    THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY

Codes

Page Top