逐次データ同化を用いた沈み込み帯プレート境界巨大地震の予測手法  [in Japanese] A Forecasting Procedure for Plate Boundary Earthquakes Based on Sequential Data Assimilation  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

沈み込み帯におけるプレート境界地震を予測するための手法を提案する。地震の予測は一般に、発生時・規模など地震そのものの情報だけが出力となるが、この手法では、プレート境界面でのすべりの時空間変化で地震をモデル化し、地震に至るまでの準備過程全体を予測の対象とする。とはいえ、地震発生の数理モデルはあるものの不完全であり、また観測データも非常に限られていると同時に過去にさかのぼるほど誤差も大きくなる。こうした予測の困難さに対処する1つの手段として、逐次データ同化手法を取り入れる。データとしては、プレート境界でのすべりの時空間変化を表す地殻変動を用いる。我々は、この予測手法を適用したプロトタイプを南海トラフにおける海溝型巨大地震を対象として構築し、毎週更新される地殻変動データとの同化実験を行っている。

A forecasting procedure is proposed for plate boundary earthquakes in subduction zones. It is based on spatio-temporal variation in slip velocity on the plate interface, which causes interplate earthquakes. Model outputs are not only information about the occurrence of great earthquakes but also information about the physical state evolution that causes earthquakes. To overcome the difficulty in forecasting earthquake generation resulting from uncertainty both in the physical model and in the observation data, we introduce a type of sequential assimilation for crustal deformation data. We are currently constructing a prototype, applying to the plate boundary along the Nankai Trough.

Journal

  • NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan

    NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan 63(0), 59, 2014

    National Committee for IUTAM

Codes

Page Top