ハロゲンと希ガスをトレーサーとした水の沈み込み過程の解明 Subducted water into the mantle traced by halogens and noble gases

この論文にアクセスする

著者

抄録

火山フロントに位置するアバチャ火山とピナツボ火山で産出したマントル捕獲岩と、過去マントルウェッジに位置していたとされる幌満かんらん岩体のかんらん岩に含まれる水に富む流体包有物のハロゲン、希ガス組成を求めた。その組成は海底堆積物中の間隙水とよく一致する。本講演ではその水がどのように沈み込んでいるかについても議論する。

We analyzed halogens and noble gases in H?SUB?2?/SUB?O-rich fluid inclusions in mantle peridotites from subduction zones (Kamchatka, N. Phillipines, and N. Japan). Their compositions are similar to those of marine sedimentary pore water, putting a constraint on the subduction process of such water into the mantle.

収録刊行物

  • 日本地球化学会年会要旨集

    日本地球化学会年会要旨集 61(0), 310, 2014

    一般社団法人日本地球化学会

各種コード

ページトップへ