「竈プロジェクト」における竈制作とそれを活用した体験のデザイン Kamado making method and experience design of Creative Reconstruction "kamado project" at the University of Tsukuba

Access this Article

Author(s)

Abstract

平成 24 年度より筑波大学では「多領域と芸術の融合による 創造的復興に向けた人材育成プログラムの構築」に関連する授 業が開講されている。それは芸術と多領域の学生が協働し、被 災地域の課題に対し創造的に課題解決を提案・実施するもので ある。 本研究は、震災と竜巻の被害にあったつくば市北条地区を拠 点に活動する「竈プロジェクト」の活動において、チームが行っ てきた竈制作の変遷と、それを活用したイベントなどの経験の デザインについて観察し、創造的復興プロジェクトのありかた や方法について考察する。 

The Kamado Project is a Creative Reconstrction Project of University of Tsukuba. The activity started from finding a Kamado, a traditional Japanese cooker using firewood, at a house which was built in the begging of Showa period. Using Kamado has following meanings; (1) Prepare for desasters (2) Bond together (3) Gain awareness of the local resources. First, the team learned how to cook rice with it, and held food events using Kamado. Then the project evolved into Kamado making, and we made 17 of them. While the experience of the project became deeper, the method of Kamado making became simpler. 

Journal

  • PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD

    PROCEEDINGS OF THE ANNUAL CONFERENCE OF JSSD 62(0), 161, 2015

    Japanese Society for the Science of Design

Codes

Page Top