河川礫に着目した研磨メカニズムの生産原論的考察(第2報):自然界での摩擦・擦過作用による河川礫の機械的特性の変化と分析  [in Japanese] Approach of Polishing Mechanism Consideration from River Stones (2nd Report):Analysis of Mechanical Characteristics of River Stones for Estimating of Natural Polishing Phenomenon and Sedimentary Environments  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究では河川礫が河川中で擦過作用を受ける自然現象に着目し,河口からの距離を礫の幾何的特性の変化から推定することを通じて,超精密研磨の起源やメカニズム,さらには別視点で地層体積環境を推定することを試みている.本報告では,河川礫として選択した堆積岩の表面粗さ,硬さ等の測定評価を行うとともに,多変量解析でデータ分析した結果を述べる.

Journal

  • Proceedings of JSPE Semestrial Meeting

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2015A(0), 643-644, 2015

    The Japan Society for Precision Engineering

Codes

Page Top