南房総地域における農業的土地利用変化の分析 Agricultural Land Use Changes and their Regional Characteristics in the Southern Boso Region

Access this Article

Author(s)

    • 太田 慧 OTA Kei
    • 首都大学東京 大学院 都市環境科学研究科|日本学術振興会特別研究員DC2 Tokyo Metropolitan Graduate Schools of Urban Environmental Sciences Department of Tourism Science|JSPS Research Fellow DC2

Abstract

<b>1</b><b>.</b><b>研究背景と目的</b> 房総半島は東京大都市圏に位置しながら,高度経済成長期に産業構造の著しい変化を経験した神奈川県や静岡県の東海道沿道と異なり,農業や漁業を基盤とする1次産業が卓越する地域であった(菊地,1982). 1990年代以降,南房総地域における高速道路やバイパス道路の整備によって交通インフラが著しく改善し,さまざまな地域変化が生じるようになった.そこで本研究では,南房総地域における主要な産業の産業である農業に着目し,農業的土地利用の変化の分析から南房総地域における地域変化をとらえることを目的とした.本研究では,主に農林業センサスのデータを用いて南房総地域における農業的土地利用の変化を分析した.まず,南房総地域における1970年,1990年,2010年の農家数,水田率,畑率,樹園地率をそれぞれ図化することで,南房総地域における農業の動向と農地分布の変化傾向を明らかにした.さらに,農業的土地利用の分析に関しては,農林業センサスの「農産物販売金額第1位の部門別経営体数」を指標として修正ウィーバー法を適用し,農業集落ごとに農業経営体の結合型を算出することで農業的土地利用変化の地域性を検討した.  <br> <b>2</b><b>.</b><b>南房総地域における農業の動向と農地分布の変化</b> 農林業センサスのデータから,1970年,1990年,2010年の水田率,畑率,樹園地率の変化についてそれぞれの地域ごとの特徴をみた.水田率については,外房に位置する勝浦市や鴨川市において維持された一方で,富浦や南房総市の沿岸において減少傾向がみられた.これらの水田率の減少した地域においては,樹園地率の増加傾向がみられた.<b> <br></b> <b>3</b><b>.</b><b>南房総地域における農業的土地利用の変化</b> 修正ウィーバー法により算出された農業経営体の結合型をもとに,1970年,1990年,2010年の農業的土地利用変化について検討した.これら3つの年代を通して,南房総地域における農業経営体の結合型としては稲作の単一型が最多であった.稲作の単一型に次いで数が多い結合型の稲作+酪農の結合型は,1970年の46から1990年の28の農業集落に減少した.一方,2010年になると,稲作の単一型に次ぐ結合型として花卉類の単一型が増加し,45の農業集落においてみられた.以上のような農業経営の結合型の変化には,南房総の地域内において地域的な特徴がみられた.1970~2010年にかけて,稲作の単一型は外房に位置する勝浦市や鴨川市においてみられた.これに対して,1970年には雑穀の栽培が盛んであった房総半島の南部沿岸に位置する南房総市の沿岸では,2010年になると花卉類の単一型が目立つようになった.つまり,南房総沿岸地域では,温暖な気候を生かした高付加価値の花卉栽培の発展がみられた.

Journal

  • Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2015a(0), 100123, 2015

    The Association of Japanese Geographers

Codes

Page Top