「福男」はいかにして生まれたか:西宮神社十日戎開門神事の歴史的変遷と参加者の語りより  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

兵庫県西宮市の西宮神社で毎年1月10日に行われる十日戎開門神事福男選びに関する歴史的変遷と現在の課題について提示する。特に高度経済成長から現在にかけてどのような変容が祭事や社会に変容があったのかについて、昭和から平成の過渡期に関しては主催者の神社側から「福男選び」の語が付与されたが、現在に至る過程でどのように受け入れられていったのか。参加者の語りと各種資料、アンケートから明らかにする。

Journal

  • Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology 2015(0), G19, 2015

    THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY

Codes

Page Top