農業水利施設による断水時生活用水供給の提案 Suggestion of domestic water supply by utilizing agricultural irrigation facilities at time of water cut-off

この論文にアクセスする

著者

抄録

阪神・淡路大震災や東日本大震災では,水道施設の破損や停電によって長期断水が発生した.東日本大震災以降,自治体ではペットボトルの備蓄や貯水槽の整備を積極的に進めているが,これらの対象は主に飲料水であり,膨大な水量を必要とする生活用水については十分な対策が立っていない.そこで,断水時の生活用水供給施設として農業幹線用水路を活用することの効果を検討した.農業幹線用水路は国内に広く分布しており,住宅街近くを通る水路も多く存在する.生活用水は飲料水に比べて水量が多いため輸送が大きな問題となるが,生活圏の近くを通る用水路であれば,市民が各自で取水することが可能である.また,農業幹線用水路は通水量の面でも十分な能力を有している.本研究では,全都道府県を対象に,断水時に農業幹線用水路で生活用水を供給した場合の受益人数を推定し,その効果を検討した.受益範囲を水路から1,000 mとした場合の受益人数をGIS解析によって推定した結果,本対策の効果には地域差があることが明らかになった.高い効果を期待できる県は東北,中部,四国地方に多く分布し,最も高い効果が期待できる岡山県の受益率(県内人口に占める受益人数の割合)は49%であった.一方,人口が多く,農地面積が小さい都市部では受益率が小さいため,本対策の有効性は低く,他の用水供給対策(給水車,貯水槽,防災井戸,雨水タンクなど)を講じる必要があることを述べた.

In the Great Hanshin-Awaji Earthquake and the Great East Japan Earthquake, long-term water cut-off occured by damage and power outages of water facilities. The national and local governments are actively promoting the development of water tanks and the storage of water PET bottles. However, these targets are mainly drinking water and there are not sufficient measures for domestic water supply which requires huge amount. We considered the beneficiary effects by supplying the domestic water through main irrigation canals. In the result of GIS analysis which the beneficial range of the canals is set 1,000 m, it was clarified that the effects of the measure has big regional difference. The prefectures having high effects are distributed in the Tohoku, Chubu and Shikoku regions. On the other hand, in the prefectures which the urban area is large and the beneficiary ratio is comparatively small, another measure of domestic water supply is necessary.

収録刊行物

  • 水文・水資源学会研究発表会要旨集

    水文・水資源学会研究発表会要旨集 28(0), 100092, 2015

    水文・水資源学会

各種コード

ページトップへ