福島原発起源ヨウ素129の陸域から海洋への移行研究 Study on the migration behavior of Fukushima accident-derived iodine-129 from land area to the marine environment

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究は、原発事故由来129Iの移行挙動に関して、1)新田川における粒子状129Iの供給源とフラックス、2)新田川河口沖における海洋堆積物中の129I分布、および3)海水、海洋生物中の129I分布について明らかにする事を目的とした。<br><br> 新田川下流における懸濁物質の129I濃度は 0.92-4.1 mBq kg-1であり、懸濁物質量と相関性が認められた。2013年9-10月の粒子状129Iフラックスは7.6 - 9.0 kBq month-1であった。新田川沖堆積物中の129I濃度は5.8-8.4 μBq kg-1であり、河川の懸濁物質より2~3桁低かった。2014年7月における海水中の溶存態129Iは0.12-2.2 μBq L-1であった。シロメバルの129Iは42-48 μBq kg-1であり、海水よりも20-400倍高かった。事故直後における海水の高い129I濃度の保存による可能性が考えられた。

収録刊行物

  • 日本地球化学会年会要旨集

    日本地球化学会年会要旨集 62(0), 182, 2015

    一般社団法人日本地球化学会

各種コード

ページトップへ