自然科学研究機構 アストロバイオロジーセンター 「実験・観測・計算シナジーによる自然界における生体分子の非対称性起源の解明」プロジェクト The origin of terrestrial bioorganic homochirality relevance to asymmetry of the universe: Approaches with synergy effects of observations, experiments and computations

この論文にアクセスする

著者

抄録

自然科学における最大の謎のひとつに、地球上の生命体を構成する分子の非対称性起源の問題がある。アミノ酸に代表される生体分子の多くは、鏡像対称な構造(L体、D体)を取り得るが、地球上の生命体が用いているタンパク質は基本的にLアミノ酸のみから構成されている。このような非対称性の起源に関しては諸説があり,未だ実験的にも理論的にも解明されていない。本プロジェクト研究では、これまで独立して研究を進めてきた研究チーム間の連携を実現し、また、理論化学や生物学など、関連する自然科学研究機構内外の研究者を結集し、宇宙観測、地上実験、理論計算の3つの方向からこの問題に取り組む体制を整え、この分野の世界的な研究拠点を形成することを目指す。

収録刊行物

  • 日本地球化学会年会要旨集

    日本地球化学会年会要旨集 62(0), 46, 2015

    一般社団法人日本地球化学会

各種コード

ページトップへ