海洋生態系-同位体分子種モデルを用いた西部北太平洋におけるN2O生成プロセスの解明  [in Japanese] Insight into nitrous oxide production processes in the western North Pacific based on a marine ecosystem isotopomer model  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本発表では、好気的外洋域である西部北太平洋の亜寒帯と亜熱帯の定点(K2: 47N,160E・S1: 30N, 145E)へ海洋生態系-同位体分子種モデルを適用した結果を報告する。モデルは濃度・同位体比・同位体分子種比ともに観測値を概ね再現でき、同モデルによる年平均N2O放出量は、K2で32 mgN/m2/yr、S1で3 mgN/m2/yrと見積もられた。また、モデルと各種同位体比分析の結果との比較から、K2では主に硝化によって、S1では硝化と硝化菌脱窒によってN2Oが生成されていることが示唆された。

Journal

  • Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 62(0), 90, 2015

    GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN

Codes

Page Top