マルチレベル構造方程式モデリングによる夫婦ペアデータへのアプローチ:中年期の夫婦関係のあり方が夫婦関係満足度,家族の安定性,および主観的幸福感に及ぼす影響 Multilevel structural equation modeling approach to marital couples' data: Midlife marital behavior patterns and marital satisfaction, family stability, and subjective well-being

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>高校生以上の子どもを2人もつ223組の中年期の夫婦を対象に調査を行い,夫婦間のコミュニケーション,共行動,夫婦間の葛藤解決方略といった夫婦関係のあり方が夫婦関係満足度,家族の安定性,および主観的幸福感にどのような影響を及ぼしているのかをマルチレベル構造方程式モデリングによって検討した。夫婦関係満足度への影響要因の分析では,夫と妻が別個に夫婦共行動の頻度が高いと認識しているだけでは個人レベルでの夫婦関係満足度の認知にしかつながらず,夫婦のコミュニケーションが充実していると夫と妻の双方がともに認知してはじめて2者関係レベルでの夫婦関係満足度を高める効果をもつことが示された。家族の安定性への影響要因の分析では,個人レベルで葛藤解決において夫婦関係外アプローチに積極的であることは,個人レベルでの家族の安定性を高く認知することにつながるが,2者関係レベルで,夫婦が一致して夫婦関係外アプローチに積極的であることは,家族の安定性を低く認知することにつながるという結果が得られた。主観的幸福感への影響要因の分析では,夫婦関係満足度の高いことは,個人レベルにおいて正の関連性を有していた。また,夫婦間の解決において夫婦関係外アプローチに積極的であることは個人レベルでのみ主観的幸福感を高めることが示された。</p>

<p>Associations between behavioral patterns including conflict resolution strategies, amount of communication, and amount of co-action of married couples in midlife (N=223) and their marital satisfaction, stability of family system, and subjective well-being were investigated. Results of multilevel structural equation modeling (ML-SEM) indicated that communication between married couples was positively associated with marital satisfaction at the dyadic level, whereas co-action with the spouse was positively associated with marital satisfaction at the individual level. Moreover, marital satisfaction was positively associated with subjective well-being at individual levels. Furthermore, positive conflict resolution out of the marital relationship was positively associated with subjective well-being at the individual level. Also, positive conflict resolution out of the marital relationship was negatively associated with the stability of the family system at the dyadic level and positively associated with the stability of the family system at the individual level. The significance of multilevel ML-SEM in research on marital relationships was discussed.</p>

収録刊行物

  • 実験社会心理学研究

    実験社会心理学研究 56(2), 153-164, 2017

    日本グループ・ダイナミックス学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005628108
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00104794
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-7973
  • NDL 記事登録ID
    028116005
  • NDL 請求記号
    Z6-716
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ