手話相互行為における即興手話表現―修復の連鎖の観点から― Improvisational Signing in Sign Language Interaction: Through the Lens of Repair Sequence

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 坊農 真弓 Bono Mayumi
    • 国立情報学研究所|総合研究大学院大学 National Institute of Informatics|SOKENDAI (The Graduate University for Advanced Studies)

抄録

<p>言いたいことがあるがそれを言い当てる表現や単語が思い浮かばないといった経験は誰にでもあるだろう.本論文では,手話話者がこういった問題をいかに解決しているのかを一つの断片を詳細に分析することを通して考える.手話に限らずすべての相互行為において,表現や単語が思い浮かばないなどの問題(トラブル)が生じた場合,それまで展開されていた語りややりとりは一旦停止され,別のトラックに移り,その問題が解消されたのち,元のトラックに返ることがある.社会学を祖とする会話分析の分野ではこの区間を「修復の区域(repair segment)」と呼ぶ.本論文では,手話相互行為においてもそういった修復の区域が存在することを前提とし,そこで手話話者らは手話特有の「即興手話表現」という方法で修復の操作を行い,問題を解決していることを指摘する.分析では,音声相互行為を対象とした会話分析における修復の連鎖の枠組みを利用し,SMUアノテーションを付与したデータを細かく見ていった.分析の結果,筆者が即興手話表現と呼ぶ,表したい対象を言い当てるために,手話言語の語彙として広く知られている語彙(ネイティブ語彙)と音声言語由来の指文字から派生した語彙(非ネイティブ語彙)の組み合わせや意味の近い語彙で代替するなどのいくつかの手法が観察された.</p>

<p>Everyone has had the experience of not being able to find the right word or expression to convey something in his or her thoughts. In this paper, we rely on analyses of an excerpt of a signed interaction to consider how signers solve this problem. In typical interactions, whether signed or spoken, if one encounters difficulty in expressing a thought during an ongoing interaction, he/she tends to temporarily halt the current sequence, move to a separate sequence to address the problem, and then return to the main sequence once the problem is solved. The segment that occurs within the interrupted main sequence is called the 'repair segment' in Conversation Analysis (CA). In this paper, based on the premise that repair segments occur in signed interactions as well as in spoken ones, we point out that signers solve word-finding problems in a manner that is specific to signing, through what we call 'improvisational signing'. We analyzed SMU-annotated data within the framework of the repair sequence as provided by CA. As a result of these analyses, we identified ways in which signers try to combine their native vocabulary in sign language with a non-native component to represent the target object.</p>

収録刊行物

  • 社会言語科学

    社会言語科学 19(2), 59-74, 2017

    社会言語科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005628783
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11510423
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-3909
  • NDL 記事登録ID
    028158128
  • NDL 請求記号
    Z71-B985
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ