布を用いたものづくり学習における動画資料活用の効果  [in Japanese] Effects of Using Video Materials in Sewing Class  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

トートバッグの製作工程を動画で説明する資料を作成し,中学校技術・家庭科の家庭分野の布を用いたものづくりの授業で活用した.生徒の学習活動の観察とふり返り調査および教師の指導の観察から,動画資料活用の効果について考察した.生徒は,実物見本やプリント資料よりも動画資料をよく参考にしており,とりわけ進行の遅い生徒が動画資料を多く利用していた.また,ふり返り調査の回答より,動画資料は生徒の理解を促し,課題解決の有効な手段であることが確認された.教師の観察からは,動画資料の活用により,示範による説明時間の短縮化が見られ,これによって進行の遅い生徒に重点を置いて個別指導できることが認められた.

Journal

  • Educational Information Research

    Educational Information Research 32(3), 3-12, 2016

    Japan Society of Educational Information

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005632258
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10084172
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0912-6732
  • NDL Article ID
    028176296
  • NDL Call No.
    Z7-1876
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top