食生活と健康に関する研究 第4報 A Study on Dietary Habits and Health Report 4

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

若者世代における朝食の欠食や栄養バランスの乱れなど、不規則な食習慣が健康に及ぼす影響が懸念される。そこで、栄養士課程に在学する学生47名を対象に、日常の食習慣、自覚症状、食物摂取状況を知る目的でアンケート調査をおこなった。以前おこなった調査と比較すると、朝食の欠食率は高くなっており、乳製品や野菜の摂取率は低い値であった。自覚症状調査では一般症状を示す「ねむい79.5 %」、「あくびがでる68.2 %」、「横になりたい61.4 %」という項目の訴え率が高かった。生活習慣病の予防の観点からも、個々の食生活の改善を図ることは極めて大切である。そのためには、行動の変容に結びつくような食教育が必要であり、今後の大きな課題である。

収録刊行物

  • 帯広大谷短期大学紀要

    帯広大谷短期大学紀要 54(0), 27-32, 2017

    帯広大谷短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005666233
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00034087
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0286-7354
  • NDL 記事登録ID
    028220813
  • NDL 請求記号
    Z22-539
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ