ブランドの「本物感」を構成する要素の測定  [in Japanese] Developing a Scale of Elements to Measure Consumers' Perceived Brand Authenticity  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>本研究の目的は,ブランドの本物感を構成する要素を抽出し,その要素に従って尺度を開発することである。先行研究では,限られたカテゴリーやブランドを対象とした研究が多かったため,本研究では,カテゴリーやブランドをあえて特定せず,より多くのデータを回収することで,要素を網羅的に抽出し,分析を行った。具体的な手順は次の通りである。最初に,本物感を問う質問表調査で自由記述回答(質的データ)を回収し,その質的データをコーディングしながら先行研究の構成要素と比較検討することで,探索的に21の要素を抽出した。その後,抽出した要素を測定するための尺度候補を設計した上で,新たなデータを回収し,尺度開発を実施した。</p><p>その結果,当初,132項目21要素であったが,尺度の適合度を維持しつつ,精緻化を重ねていくことで最終的には,75項目15要素を抽出するに至った。</p>

Journal

  • Journal of Marketing & Distribution

    Journal of Marketing & Distribution 19(1), 39-52, 2016

    Japan Society of Marketing and Distribution

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005679770
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11273780
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1345-9015
  • NDL Article ID
    028608643
  • NDL Call No.
    Z71-B410
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top