森の中のレコーディング・スタジオ:ソロモン諸島アレアレの竹製パンパイプスをめぐって交差する複数の物質性

この論文にアクセスする

著者

抄録

2013年10月、ソロモン諸島アレアレの熱帯雨林の一角に、即席のレコーディング・スタジオが出現し、竹製パンパイプス演奏集団のアルバムのレコーディングが行われた。本発表ではこの出来事を、音楽のあり方に関する複数の見解が相互に作用する状況として分析し、レコーディングに居合わせた多様な人々が、互いにとっての音楽のあり方をいかに相対化し、自らにとっての音楽のあり方をどのように拡張しているかについて考察する。

収録刊行物

  • 日本文化人類学会研究大会発表要旨集

    日本文化人類学会研究大会発表要旨集 2017(0), G19, 2017

    日本文化人類学会

各種コード

ページトップへ