高校生のラジオ番組制作体験によるメディア・リテラシー育成プログラムの開発と評価  [in Japanese] Development and Evaluation of the Radio Program Production Experience Program for Upbringing Media Literacy of the High School Student  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,高校生のメディア・リテラシーを育成するための,ラジオ番組制作を中心としたプログラムを開発,実践し,その学習効果を明らかにしたものである。プログラムでは,高校生に,番組制作に関わるメディア・リテラシーを必要とする活動を複数体験させた上で,取材リポートを制作させた。このプログラムに参加した高校生の感想の記述と出演番組での発話を質的に分析し,「メディア・リテラシーへの気づき」と「メディア・リテラシーの獲得」の状況を評価した。その結果,本研究で実践したプログラムは,「情報を整理して効果的に表現する」「活動全体,また他者の取材リポートを客観的に評価するための批判的思考」といったメディア・リテラシー育成に有効であることが示唆された。

A purpose of this study is to develop a program mainly on the radio program production that is effective for media literacy upbringing of the high school student. We practiced the program which let them produce a program after having let a student experience plural activity to need media literacy related to radio program production in this study. And we evaluated the impression of the student who participated in this program whether a student noticed media literacy by qualitative analysis. As a result, this program which we practiced was effective for media literacy upbringing of the student.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 23(2), 107-117, 2017

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005682195
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    028099987
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top