透析患者の歯科受診を推進するためのツールとしての医療職および患者向けリーフレットの開発  [in Japanese] Preparation of Leaflets for Medical/dental Professionals and for Dialysis Patients Aimed to Promote Dental Visit  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 吉岡 昌美 YOSHIOKA Masami
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健福祉学分野 Department of Oral Health Science and Social Welfare, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 白山 靖彦 SHIRAYAMA Yasuhiko
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部地域医療福祉学分野 Department of Community Medicine and Welfare, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 井本 逸勢 IMOTO Issei
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部人類遺伝学分野 Department of Human Genetics, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 柳沢 志津子 YANAGISAWA Shizuko
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健福祉学分野 Department of Oral Health Science and Social Welfare, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 竹内 祐子 TAKEUCHI Yuko
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部地域医療福祉学分野 Department of Community Medicine and Welfare, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 日野出 大輔 HINODE Daisuke
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔保健衛生学分野 Department of Hygiene and Oral Health Science, Tokushima University Graduate School of Biomedical Sciences

Abstract

<p> 透析患者は飲水制限,糖尿病の合併などにより口腔乾燥や歯周病のリスクが高い.透析患者の多くはかかりつけ歯科医院をもつものの,定期的に歯科を受診している者は比較的少なく,また透析実施医療機関において歯科受診が勧奨されているケースは極めて少ない.このような現状を踏まえ,透析患者の口腔管理に関して,受け入れ側となる歯科医療職と常に患者に接している医科スタッフの双方が共有すべき情報を記載した『医療者向けリーフレット』と,透析患者の歯科受診勧奨の介入ツールとしての『患者向けリーフレット』を開発した.これらのリーフレットを徳島県歯科医師会の会員に対して郵送し,リーフレットの有用性について質問紙調査を行った.その結果,9割以上が"とても役立つ"もしくは"役立つ"と回答した.以上のことから今回われわれが開発したリーフレットは透析患者の口腔管理を担当する歯科医療職にとって有用である可能性が示された.</p>

<p>Abstract in Japaneses</p>

Journal

  • JOURNAL OF DENTAL HEALTH

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 67(2), 84-88, 2017

    Japanese Society for Oral Health

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005697006
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00081407
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0023-2831
  • NDL Article ID
    028193109
  • NDL Call No.
    Z19-144
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top